トラッドマンに憧れて

自分なりのトラッドスタイルを模索する30代のリアルな服・靴・時計etc…について

シンプルなレザースニーカーをお探しの方におすすめ!グリーンレーベル・リラクシング別注のスペルガ「2750」

今回は先日店頭で見かけて気になったグリーンレーベル・リラクシング別注のスペルガのレザースニーカーをご紹介します。

 

f:id:dacchi37:20210412134541j:plain

https://store.united-arrows.co.jp/sp/shop/glr/goods.html?gid=54633188

 

 

 

スペルガの定番「2750」

1911年に創業して、主にゴムタイヤを取り扱っていたウォルター・マーティニー社が前身となり、1925年に「SUPERUGA(スペルガ)」と刻印されたでゴム底靴を発表しました。

ちなみに「SUPERUGA」とはイタリア語で「スーパーゴム」を意味します。

 

ゴム産業と靴の結びつきという意味では、福岡・久留米のアサヒシューズムーンスターと似ていますね。

 

ブランド誕生当初から存在する「2750」は欧州を中心に多くの人から愛される大定番で、アメリカにおけるコンバースのオールスターと似たような立ち位置と言えます。

f:id:dacchi37:20210413115345j:plain

https://superga-onlineshop.jp/smartphone/detail.html?id=000000000025

過去には私も画像と全く同じ白の2750を履いていましたが、比較されがちなコンバース   オールスターよりも余計な装飾が削ぎ落とされたシンプルなデザインな分あらゆるコーデの中で親和性の高さを発揮します。

 

また、つま先がややぼってりしたフォルムになっており、幅広な日本人の足にはオールスターより2750の方がフィットするはずです。

 

キャンバスモデルだと5,000円前後で手に入るお手頃さも魅力ですね。

 

グリーンレーベルリラクシング別注

シンプルな2750ですが、ジャケットスタイルに合わせる際にキャンバス素材だとカジュアル過ぎて浮いてしまう場合もあります。

 

なので、インラインにもレザーモデルが用意されているのですが、基本的には素材が変わっただけでディテールに変更はありません。

 

f:id:dacchi37:20210413115340j:plain

https://superga-onlineshop.jp/shopdetail/000000000526/mens/page1/order/

これはこれで悪くはないのですが、オレンジのソールはかなり目立ちます。

 

そこで今回グリーンレーベル・リラクシングが別注した2750は、オールホワイトとオールブラックのワンカラーで統一したことにより、シックなジャケットスタイルにも取り入れやすい一足となりました。

 ゴムソールはもちろん、ピスタグやヒールパッチも同色で統一されています。

f:id:dacchi37:20210414200718j:plain

f:id:dacchi37:20210414200714j:plain

https://store.united-arrows.co.jp/sp/shop/glr/goods.html?gid=54633188

 

実はというと、1年前に白のレザースニーカーを物色していた時期があり、その頃にトゥモローランドが別注したレザーの2750が気になっていました。

 

f:id:dacchi37:20210414225032j:plain

https://store.tomorrowland.co.jp/shop/tomorrowland/item/view/shop_product_id/45902

※すでに在庫はありません。

本記事投稿翌日にホワイトのみ再入荷の案内がメールできました。

なんとも奇遇なw

 

その時の別注も今回のグリーンレーベルのようにオールホワイトとオールブラックのレザーモデルでした。

 

レザーやシューレスの素材が違うかもしれませんが、見た目の上でおそらく変わりません。

 

購入予定でしたが、気がついたときにはマイサイズの在庫がなくなってしまい諦めた経緯があったので、思い焦がれた一足でした。

 

その後、別のレザースニーカーを買ったので今回のグリーンレーベル別注の購入は見送りますが、やっぱり気になりますね。

 

いつ欲しくなってもいいように、別注じゃなくてスペルガのレギュラーに加えてもらいたいですねー。

 

おすすめの白のレザースーニーカー

白のレザースニーカーの使い易さはわざわざ言及する必要もなく、皆さんご承知のことだと思いますが、私が白のレザースニーカーを選ぶ上での条件は2つあります。

①徹底的にシンプルなデザイン

今回取り上げた別注スペルガのようにブランドロゴも目立たたず、ラインなどのデザインも極力省いたひたすらシンプルなスニーカーです。

 

②価格は2万円以内

一般的に革靴と違いスニーカーは修理しなが使うものではないので、寿命はそこまで長くはありません。

また、白のレザーはメンテナンスをしてもどうしても新品時のトーンは維持できません。

革製品においての経年変化はプラスに捉えられることが多いですが、クリーンな印象が大切な白のレザースニーカーにとって経年変化はあまり歓迎されるものではありません。

であれば、数年で買い替えることを前提に考えると、私ならそこまでコストはかけられません。上限2万円といったとこでしょうか。

 

上記2点を踏まえて、今回の別注スペルガ以外にも私がおすすめできるレザースニーカーをご紹介します。

 

コンバース   レザー   オールスター   クップOX

コンバースのドレスライン的役割を担う「オールスター   クップ」シリーズ。

鳩目のないシューレスや控えめにプリントされたブランドロゴはドレッシーな雰囲気を醸し出し、コンバースの親しみやすいけど、どこか子どもっぽいイメージを覆してくれます。

 

 ◆PIEVE   カーフレザースニーカー

シップスがポルトガルの工場と提携して展開する独自ブランド「PIEVE」

昨年私がトゥモローランド別注スペルガを諦めた後に購入したレザースニーカーがこれです。

 

セレクトショップでよく見かける「common project」のレザースニーカーとよく似ていますが、価格は半額以下です。

 

アッパーに使用されるカーフレザーはとても手触りがよく、それなりに高級感もあります。

スムースレザーの他にスエードも多色展開しており、上品なレザースニーカーを探してる方にはおすすめできるシリーズです。

機会があれば別途レビューします。

 

まとめ

白のレザースニーカーは今や多くのブランドが取り扱っていますが、本当にシンプルでスマートなものは以外と少ない気がします。

 

なので、同じようなスニーカーは1足で十分なのですが、素敵のレザースニーカーを見つけるとついつい気になってしまいます。

 

白のレザースニーカーを持ってないという人はあまりいないかもしれませんが、今回ご紹介したグリーンレーベル・リラクシング別注のスペルガ「2750」は特におすすめです。

 

別注品なので、私の様に買い逃さないようにしてくださいね。

 

今回は以上です。