トラッドマンに憧れて

自分なりのトラッドスタイルを模索する30代のリアルな服・靴・時計etc…について

サイズ違いも良いかも!?ラコステ「L1212」を買い足す

またまたポロシャツの記事です。

 

今年のポロシャツは悩んだ末にラルフローレンを購入したはずなのに・・・でもちゃんと正当な理由(言い訳)はあるんですよ!

 

tradman-dc.com

 

 

L1212について

ポロシャツの原点にして完成系。詳細については過去記事でレビューしていますので、そちらをご覧になってください。

 

tradman-dc.com

 

今回のワニさんは・・・

f:id:dacchi37:20210812112645j:plain

今回購入したのは日本製(L1212AL)のホワイト。以前所有していたフランス製のホワイトは昨年処分してしまいましたが、やはりワードローブには白ワニが不可欠。あらためて迎え入れることになりました。最初はネイビーやブラウン系を考えていましたが、やっぱりホワイトは良いですね。今年購入したラルフローレンも同系統色でしたが、あれはクリーム色(オフホワイト)なので、別モノということで・・・。今回は眩しい程の真っ白です。

 

f:id:dacchi37:20210815114119j:plain

保守的な私にしては珍しく冒険をしてます。長年マイサイズと信じていたサイズ2から一気に飛躍してサイズ4をチョイス。

 

ポロシャツはジャストサイズ信仰の私ですが、単調になりがちな夏のファッションとはいえ、あまりにも同じようなポロシャツコーデばかりで食傷気味。そこで今回は心機一転サイズアップを試みたのです。これが思ってた以上に良かった。

 

◆サイズ2を着用

f:id:dacchi37:20210809180651j:plain

こちらは以前から着ているサイズ2(日本製)です。昔はこれがジャストサイズでしたが、最近はちょっとパツパツに。当時のようにサイズ2をすっきり着れるようにダイエットに励んでいます。

 

◆サイズ4を着用

f:id:dacchi37:20210812115850j:plain

そしてこちらがサイズ4になります。2サイズ上げるとその違いは歴然です。ただ、オーバーサイズとまではいかないでしょう。というのもサイズ4は日本サイズのL相当なので、私の体格(173cm/65kg)からすると割と妥当なサイズだったりします。まぁ、普段Lサイズの服を手に取ることはないので、大きめであることには違いありませんが。今風なオーバーサイズで着るならもうワンサイズ上げても良いかもしれませんね。

 

着丈はやっぱり長いですね。サイズ2では腰のすぐ下くらいの丈感でしたが、サイズ4ではお尻が半分以上隠れてしまいます。こうなるとジャケットのインナーとしては使いにくい。

 

サイズ2と違って全く体のラインは拾っていません。このゆとりはシルエットの変化以外にも大きな違いを生みました。それは白シャツ特有の乳首透けの防止です。今回のような真っ白な生地だと、サイズ2どころかサイズ3でも完全にはソレを防げません。ラルフローレンのポロシャツで真っ白を避けてオフホワイトを選んで理由の一つも乳首透けの不安からでした。そこで、サイズ4のゆったりしたサイズ感はその問題を全て解決してくれたのです。

 

f:id:dacchi37:20210815114012j:plain

サイズ2でも一番上のボタンを留めることはできましたが、サイズ4になると更に十分な余裕があり、暑苦しさは全くありません。
 

f:id:dacchi37:20210815114055j:plain

天然貝のボタンは生地に合わせて黒蝶貝ではなく、白蝶貝を使用しています。

 

コーディネート

f:id:dacchi37:20210812112903j:plain

ポロシャツ:ラコステ

パンツ:グリーンレーベルリラクシング

靴:IL MOCASSINO

時計:オメガ

 

コンパクトなサイズ感のポロシャツだと、細身のパンツを合せることが多くなりますが、トップスがこれくらいゆるくなれば、ワイドテーパードのパンツがよく合います。

 

f:id:dacchi37:20210812112852j:plain

ポロシャツ:ラコステ

パンツ:無印良品

靴:ビルケンシュトック

時計:オメガ

 

リネンパンツと組み合わせたコーデ。先程同様にややゆるめで抜け感のあるパンツと相性が良さそうです。

 

f:id:dacchi37:20210812114038j:plain

ポロシャツ:ラコステ

パンツ:エディフィス

靴:ジャランスリワヤ

時計:フレデリックコンスタント

 

個人的にポロシャツのタックインはNGなのですが、試しにやってみると意外と悪くはないかも。少し弛ませてタックインすると優雅な雰囲気があります。タックインしてレザーベルトを巻くとビジネスっぽくなってしまうので、ドローコードを垂らしてみました。

 

f:id:dacchi37:20210812114024j:plain

ジャケット:アーバンリサーチ

ポロシャツ:ラコステ

パンツ:エディフィス

靴:ジャランスリワヤ

時計:フレデリックコンスタント

 

ポロシャツはジャケットスタイルのインナーに最適です。だからこそポロシャツの着丈には強いこだわりを持っています。その点では今回のポロシャツは着丈が長すぎです。ジャケットの着丈とほぼ同じ長さになるので、基本的にインナー使いは難しいでしょう。ただ、こういう風にタックインするとそれなりに様になってます。先程のコーデにジャケットを羽織っただけの手抜きです。すみません。

 

まとめ

思い返せば、この夏の休日は鹿の子ポロシャツかリネンシャツしか着ていません。この2つこそが私の中での最適解なので問題ないのですが、マンネリ気味で気分がイマイチ上がらないこの頃でした。

 

そういう意味では大好きなラコステのポロシャツをサイズ違いを選ぶことでコーディネートの幅が増え正解だったなと思います。

 

正直に言うと「サイズ違いだから」というのは新たにポロシャツを買い足す口実でしかなかったような気もしますが、結果オーライです。(笑)

 

やっぱりラコステは良いですね。年に1枚づつ買い足していこうかなと計画中です。次はどのカラー・サイズにしょうかな。

 

今回は以上です。